思わず見とれるモテ美肌の作り方

どんなにメイクをがんばっても、お肌が汚くちゃ意味がない!

メイクアップ術のページでもお話しましたが、多くの男性が好むのはナチュラルメイクです。

肌荒れがひどすぎてファンデーションを厚塗りしていては、男性にも嫌煙されてしまいます。

素肌力をUPして、透明感のある女性を目指しましょう!

 

たっぷり保湿が美肌の秘訣

みずみずしく潤ったお肌は、ぷるんとハリがあり、透明感も高いものですが、その秘訣は保湿にあります。

ただし、保湿というのは、お肌にうるおいをキープできている状態のことで、油分の多い保湿クリームをたくさん塗ったからと言って、保湿ができるわけではありません。

保湿のためには、保湿成分の含まれたスキンケア化粧品を使うことが必要です!

 

では、保湿成分とは何かというと、有名なのはまずヒアルロン酸があげられます。

ヒアルロン酸と聞くと、お肌が潤う、ぷるぷるになるといったイメージを抱く人も多いのではないでしょうか?他にはコラーゲンやエラスチン、グリセリンなども保湿成分です。

 

しかし、保湿成分にも種類があり、保湿力には差があります。そんな中で保湿力が高くおすすめの成分はといえばセラミドです。

ぜひ、セラミド入りのスキンケア化粧品を選んでみてください。

 

よくお肌に水分を補給した後は油分でフタをするなんて言われることがありますが、これは迷信で、実際は「油分でフタ」はできないようです。

むしろ、年齢的にも若く、皮脂も多く分泌される方が、お肌に油分を与え過ぎてしまうと、べたついたり、かえって毛穴が詰まってニキビの原因になったりすることもあるので、保湿という名の油分たっぷりのクリームはあまりおすすめできません。

 

潤い美肌のために、実はクレンジングが超重要

保湿成分をたっぷり与えて、お肌ぷるぷる♪というのが理想なのですが、なぜかなかなかそうなりません。なぜでしょうか?

たとえば、穴の開いたバケツに水を注いでも、お水は穴からどんどん流れ出ていきますよね。

それと同じで、お肌もどんなに保湿成分をたっぷり与えても、潤いが垂れ流し状態になっていては、いつまでもぷるぷるにはなりません。

 

では、潤いが流れ出てしまう理由は何なのでしょうか?

それはお肌のダメージです。こすりすぎや外部からの刺激によってお肌がダメージを受けていると、本来お肌のもつ保湿機能がはたらかず、せっかく補給した保湿成分もキープすることができないので、そのまま流れ出てしまうのです。

 

実は、その大きな原因になっているのが日々のクレンジングです。

とりあえずメイクが落ちればいいや!とあなどっていると、知らぬ間にお肌がダメージを受けていたりします。

ゴシゴシこすって物理的に刺激を与えるのはもってのほかですが、含まれている成分にも気を付けないと、お肌の潤い成分が奪われてしまったり、肌荒れを起こす可能性もあります。

 

かといって、とにかくお肌に優しければいいのかというとそうではなくて、お肌に優しい反面、洗浄力が弱すぎてメイクが落ちず、メイク汚れが毛穴に詰まって炎症を起こしたりすることもあるので、クレンジング選びは意外と気を遣わないといけません。

 

だとしたら、私は一体どんなクレンジングを使ったらいいの?と悩みますよね。

いろいろ詳しく説明しようかとも思ったのですが、それを書き始めるとかなり長くなってしまうので、クレンジング選びの参考になるサイトを見つけてきました。

 

肌質や悩みに触れながらランキング形式で紹介されているので、自分にはどのタイプのクレンジングが合うのか、参考にしてみるとよいかと思います。

 

クレンジングおすすめランキング!効果重視の口コミ体験談

 

たっぷり保湿と正しいクレンジングで、誰もが見とれるうるぷる美肌を手に入れてみてください。